学会活動・業績

英文原著

  • Honda M, Asai T, Umemoto T, Araki Y, Oku N, Tanaka M:Suppression of choroidal neovascularization by intravitreal injection of liposomal SU5416.Arch Ophthalmol 129:317-21,2011.
  • Sakuma T, Mizota A, Inoue J, Tanaka M:Intravitreal injection of autologous plasmin enzyme for macular edema associated with branch retinal vein occlusion. Am J ophthalmol 152:326-32, 2011.
  • bihara N, Ohashi Y, Fujishima H, Fukushima A, Nakagawa Y, Namba K, Okamoto S, Shoji J, Takamura E, Uchio E, Miyazaki D:Blood level of tacrolimus in patients with severe allergic conjunctivitis treated by 0.1% tacrolimus ophthalmic suspension. Allergol Int 61:275-282, 2012.
  • Sakanishi Y, Awano M, Mizota A, Tanaka M, Murakami A, Ohnuma K:Age-Related Changes in Spectral Transmittance of the Human Crystalline Lens in situ. Ophthalmologica 228:174-180, Epub 2012.
  • Mochizuki Y, Shinoda K, Matsumoto CS, Klose G, Watanabe E, Seki K, Kimura I, Mizota A:Case of unilateral peripheral cone dysfunction. Case Report Ophthalmol 3:162-168,Epub 2012.
  • Honda M, Asai T, Oku N, Araki Y, Tanaka M, Ebihara N :Liposomes and nanotechnology in drug development: focus on ocular targets.International Journal of Nanomedicine 8:495-504, 2013
  • Usui A, Mochizuki Y, Iida A, Miyauchi E, Satoh S, Sock E, Nakauchi H, Aburatani H, Murakami A, Wegner M, Watanabe S:The early retinal progenitor-expressed gene Sox11 regulates the timing of the differentiation of retinal cells. Development 140:740-50, 2013
  • sui A, Iwagawa T, Mochizuki Y, Iida A, Wegner M, Murakami A, Watanabe S:Expression of Sox4 and Sox11 is regulated by multiple mechanisms during retinal development. FEBS Lett. FEBS Lett. 587:358-63, 2013
  • Mochizuki Y, Iida A, Lyons E, Kageyama R, Nakauchi H, Murakami A, Watanabe S:Use of cell type-specific transcriptome to identify genes specifically involved in Müller glia differentiation during retinal development.Dev Neurobiol. [Epub ahead of print], 2013

和文原著

  • 中澤有吾,木村至,望月祐人,佐久間葉子,渡邉慧,若狭玲,田中稔,村上晶,海老原伸行三環系うつ薬の中止により眼圧正常化を認めたPosner-Schlossman症候群の1例.眼科臨床紀要 7(6):566-569, 2013.
  • 若狭玲,溝田淳,海老原伸行,辻比呂志 陽子線治療後長期にわたって良好な視力を維持できた脈絡膜悪性黒色腫の1例.眼科臨床紀要 6(5):368-372, 2013

和文総説

  • 海老原伸行:眼科疾患の病態と診断・治療Ⅰ「角膜感染症」. 医学と薬学67(1):35-39, 2012.
  • 海老原伸行:アトピー網膜剥離の成因・予防. アレルギーの臨床 32(3): 231-235, 2012.
  • 海老原伸行:アレルギー性結膜疾患の自然経過. アレルギー・免疫 9:65-69, 2012.
  • 海老原伸行:アレルギー性結膜疾患における点眼薬の使い分け. 治療 11: 1839-1844, 2012.
  • 海老原伸行:花粉性結膜炎の診断と治療. 臨床免疫・アレルギー科 6: 24-28, 2012.
  • 海老原伸行:免疫抑制点眼薬によって変わる春季カタルの治療. 千葉県医師会雑誌(CMAM)11:573, 2012.
  • 佐久間俊郎:プラスミンの臨床応用.日本の眼科 83:159-160,2012.

和文著書

  • 坂西良仁, 本田美樹, 都筑賢太郎, 伊藤 玲, 田中 稔:近視性脈絡膜新生血管に対するpegaptanib sodium硝子体内注入の治療成績.眼科臨床紀要 4:340-347, 2011.
  • 臼井亜由美, 清川正敏, 木村 至, 佐久間俊郎, 伊藤 玲, 葉田野宣子, 溝田 淳, 田中 稔:若年者の増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術治療と術後合併症.日本眼科学会雑誌 115:516-522, 2011.
  • 海老原伸行:アレルギー性結膜疾患の治療. 臨床医のためのアレルギー診療ガイドブック, 編集 西間三馨・秋山和男, 診断と治療社, 東京, 255-260, 2012.
  • 海老原伸行:血清・涙液中のIgE抗体の定量・定性検査の有用性. 臨床医のためのアレルギー診療ガイドブック, 編集 西間三馨・秋山和男, 診断と治療社, 東京, 241, 2012.
  • 海老原伸行:季節性アレルギー性結膜炎の初期療法. 臨床医のためのアレルギー診療ガイドブック, 編集 西間三馨・秋山和男, 診断と治療社, 東京, 241, 2012.
  • 佐久間俊郎,田中稔:マイクロプラスミンの応用.眼手術学 7 網膜・硝子体I, 編集 小椋祐一郎・門之園一明,文光堂,東京,206-207,2012.
  • 佐久間俊郎,田中稔:目で見る真菌と真菌症‐角膜真菌症、真菌性眼内炎.化学療法の領域 28,医薬ジャーナル社,東京,1457-1465,2012.
  • 木村至:視覚検査法 眼圧検査.Text眼科学 改訂3版, 編集 坪田一男・大鹿哲郎,南山堂,東京,28-31,2012.
  • 木村至:視覚検査法 視野検査.Text眼科学 改訂3版, 編集 坪田一男・大鹿哲郎,南山堂,東京,43-47 2012.

著書

  • 木村 至:診断の基本 問診と視診. 専門医のための眼科診療クオリファイ,相原一,大鹿哲郎,大橋裕一編,中山書店,東京, 8-13,2010.
  • 佐久間俊郎、田中稔:画像診断ー超音波診断眼科学 第2版,大鹿哲郎編,文光堂 東京,1030-1044, 2011.

報告・その他

  • 本田美樹:まずは眼底写真の基本から.眼科ケア 13:8-11, 2011.
  • 本田美樹:加齢黄斑変性の治療法.眼科ケア 13:781-786, 2011.
  • 海老原伸行:季節性アレルギー性結膜炎(花粉性結膜炎)に対する初期療法の効果. アルコンパンフレット, 2012.
  • 海老原伸行:季節性アレルギー性結膜炎を考える. Medical Tribune Vol.45, No.2, P21, 2012.
  • 海老原伸行:名医の相談室. 週刊現代 P144, 2月4日号, 2012.
  • 海老原伸行:アレルギー性結膜疾患の“炎症病態”からみたリザベン点眼液の有効性 ―多彩な薬理作用を発揮するトラニラスト―. キッセイ薬品パンフレット, 2012.
  • 海老原伸行:アレルギー性結膜炎治療を「セルフケア」と「メディカルケア」から考える.第116回日本眼科学会総会モーニングセミナー,参天製薬パンフレット,2012.

特別・招待講演、学会シンポジウム、学会セミナー

  • 坂西良仁:水晶体からの反射光測定によるヒト水晶体分光透過率の検討.環境医学研究所若手研究発表会,浦安病院,Jan 28, 2011.
  • 佐久間俊郎:飛蚊症と網膜裂孔の予防手術について.千葉眼科プライマリーケア研究会, 浦安, Feb 3, 2011.
  • 塚原逸朗、稲用和也、佐久間俊郎、清川正敏、平岡智之、柴智明:スキルトランスファー 硝子体手術.第34回日本眼科手術学会総会,京都,Jan 28-30, 2011.
  • 木村 至:緑内障診療での視野のみかたと新しい薬物治療.いわき市眼科医会学術講演会,いわき,Feb 25, 2011.
  • 本田美樹:加齢黄斑変性の診断と治療.岩手県レディースセミナー,岩手,Jun 14, 2011.
  • 木村 至:日常診療での緑内障薬物治療のポイント.県南眼科フォーラム,足利市,Jun 17, 2011.
  • 木村 至:ザラカム配合点眼液眼圧下降効果の実際―千葉・神奈川多施設共同研究から―.Pfizer Glaucoma Symposium,福岡,Jul 31, 2011.
  • 木村 至:新しい緑内障薬物治療―多施設共同研究中間報告―.ザラカム発売1周年記念講演会,横浜,Aug 4, 2011.
  • 清川正敏:眼球破裂.第23回千葉硝子体研究会,千葉,Aug 27, 2011.
  • 佐久間俊郎:黄斑部のOCTについて.第3回城東地区眼科病診連携の会,浅草,Sep 3, 2011.
  • 佐久間俊郎:糖尿病網膜症に対する試み.参天製薬株式会社千葉県MR研修会,浦安,Sep 7, 2011.
  • 本田美樹:Myopic CNV: Clinical features,epidemiklogy, treatment options. The 109th DOG-Congress in Berlin Lunch Symposium,Germany,Oct 01, 2011.
  • 木村至、木村泰朗、鈴村弘隆、高橋現一郎、松元俊、宮田博、吉川啓司:スタートアップ 緑内障乳頭を診る ちょっと自信が!.第65回日本臨床眼科学会インストラクションコース,東京,Oct 7-10, 2011.
  • 佐久間俊郎他:東日本大震災--地震及びその後に起こる二次災害により機能不全に陥った大学病院の対応.第65回日本臨床眼科学会ランチョンセミナー,東京,Oct 7-10, 2011.
  • 本田美樹他:これからの黄斑疾患治療--黄斑疾患へのドラッグデリバリーシステム.第65回日本臨床眼科学会ランチョンセミナー,東京,Oct 7-10, 2011.
  • 若狭玲、木村至、松本惣一、松本恵、今村裕、篠田啓、溝田淳:AZ00Rにおける機能的構造的解析.眼科症例検討会,順天堂大学,Nov 16, 2011.
  • 海老原伸行:アレルギー性結膜疾患の基礎・臨床、最近の話題から. 臨床耳鼻科講演会,東京,Feb 2, 2012.
  • 海老原伸行:重症アレルギー性結膜疾患に対する免疫抑制点眼薬の効果と限界. 第20回関東アレルギークラブ,東京,Feb 4. 2012.
  • Nobuyuki Ebihara:The Epithelium takes the center stage in allergic keratoconjunctivitis (The role of Epithelial-derived Th2-driving cytokines). APAO2012 Symposium, Busan, Korea, Apr 13, 2012.
  • 海老原伸行:ヒスタミンH1受容体拮抗点眼薬による初期療法の現状と可能性. 第116回日本眼科学会総会モーニングセミナー,東京,Apr 6, 2012.
  • 海老原伸行:角膜の感染防御機構とムチン. 葛南地区眼科勉強会,千葉(浦安),May 10, 2012.
  • 海老原伸行:花粉性結膜炎の診断と治療. 第24回日本アレルギー学会春季臨床大会,大阪,May 13, 2012.
  • 海老原伸行:アレルギー性結膜疾患の病態形成における結膜・角膜上皮層の重要性. 第1回 Airway Club Tokyo,東京,May 16, 2012.
  • 海老原伸行:アレルギー性結膜疾患の臨床・基礎の話題から. 第10回 Symposium of Ocular Surface and Infection,大阪,May 26, 2012.
  • 海老原伸行:アレルギー性結膜疾患Up to date. 葛南地区眼科講演会,千葉(浦安),June 21, 2012.
  • 海老原伸行:円錐角膜とアトピー. 第48回日本眼光学学会ランチョンセミナー,東京,Sep 2, 2012.
  • 海老原伸行:アレルギー性結膜疾患Up to date. 第3回北海道眼科臨床セミナー,北海道,Sep 9, 2012.
  • 海老原伸行:ドライアイと原因、関連疾患~その治療法を考える 「アレルギー」. Defend the ocular surface 2012 in Tokyo(DOS2012) ,東京,Sep 21, 2012.
  • 海老原伸行:小児アレルギー性結膜疾患の初期療法. 第7回小児アレルギー初期療法研究会,東京,Sep 22, 2012.
  • 海老原伸行:オキュラーサーフェスとアレルギー. オキュラーサーフェスセミナー,千葉(柏),Oct 11, 2012.
  • 海老原伸行:アレルギー性結膜疾患とアトピー眼症の臨床と基礎. 獨協医大越谷眼科研究会,埼玉(越谷),Nov 8, 2012.
  • 海老原伸行:ムチンとオキュラーサーフェス. 城東地区病診連携の会,東京,Nov10, 2012.
  • 海老原伸行:ムチンとオキュラーサーフェス. 中野区医師会眼科分科部講演会,東京,Nov 15, 2012.
  • 海老原伸行:アトピー眼瞼炎、初期療法. 第1回日本眼科アレルギー講習会アフタヌーンセミナー,東京,Nov 17, 2012.
  • 海老原伸行:眼アレルギー研究の軌跡(春季カタルを中心に). 第6回御茶ノ水アレルギー研究会,東京,Nov 19, 2012.
  • 海老原伸行:ムチンとオキュラーサーフェス. 葛南地区眼科勉強会,千葉(浦安),Nov 28, 2012.
  • 佐久間俊郎:網膜色素変性について.難病講演会,千葉(船橋),Feb 16, 2012.
  • 佐久間俊郎,海老原伸行:アトピー性皮膚炎と網膜剥離について.第48回日本眼光学学会総会ランチョンセミナー,東京,Sep 2, 2012.
  • 佐久間俊郎,清川正敏,海老原伸行:糖尿病と眼疾患.第1回糖尿病眼合併症を真剣に考える会,千葉(浦安),Nov 16, 2012.
  • 木村至:緑内障診断における眼底OCTの有用性と薬物治療. アップデートミニシンポジウム「最先端の緑内障診断・治療」 順天堂大学眼科合同症例検討会, 東京, Dec 17, 2011.
  • Kimura I:Normal Tension Glaucoma. TEMU ILMIAH PERDAMI JABAR 2012,Bandung Indonesia, Mar30-Apr1, 2012.
  • Kimura I:How to screen and Prevent Glaucoma. TEMU ILMIAH PERDAMI JABAR 2012,Bandung Indonesia, Mar30-Apr1, 2012.
  • 木村至:OCTでみつけた初期緑内障(薬物治療編).第116回日本眼科学会総会ランチョンセミナー.東京,Apr 5, 2012
  • 木村至:緑内障薬物治療のこれまでとこれから. 徳島県眼科医会総会―眼科最新治療フォーラム,徳島,June 10, 1012.
  • 木村至:OCTを併用する眼底読影の実際.緑内障眼底読影勉強会,東京,June 28, 2012.
  • 木村至:OCTを併用する眼底読影の実際.緑内障眼底読影勉強会,埼玉(所沢),June 18, 2012.
  • 木村至:緑内障の薬物治療総覧.千葉県眼科医会総会講演,千葉,July 1, 2012.
  • 木村至:緑内障薬物治療の実際.アイファガン点眼液0.1%新発売記念講演会,千葉,Sep 1, 2012.
  • 木村至:スタートアップ!眼底所見で診る緑内障乳頭. 視神経乳頭の局所解剖学を学ぶ.第66回日本臨床眼科学会インストラクションコース,京都, Oct 27, 2012.
  • 木村至:緑内障の新たな薬物療法と手術療法.第8回よこはまグラネア会, 神奈川(横浜), Nov 16, 2012.
  • 木村至:OCTを併用する眼底読影の実際.葛南地区眼科勉強会,千葉(浦安),Oct 10, 2012.
  • 本田美樹:加齢黄斑変性:治療はどう進化する.日本網膜硝子体学会モーニングセミナー,東京,Dec 4,2011.
  • 本田美樹:加齢黄斑変性の診断と治療.秋田眼科懇話会,秋田,Oct 13. 2012.
  • 伊藤玲:当院における加齢黄斑変性に対すルセンティスの使用経験について.千葉葛南エリア病診連携セミナー,千葉(浦安),Feb 3, 2012.
  • 伊藤玲:当院におけるInfliximabの使用経験.Infliximab治療を考える会,千葉,May 19, 2012.
  • 坂西良仁:加齢黄斑変性に対する当院の診療経験.千葉葛南エリア病診連携セミナー,千葉(浦安),Feb 3, 2012.
  • 臼井亜由美:糖尿病管理と眼科手術.第2回千葉葛南エリア病診連携セミナー,千葉(浦安),Sep 4, 2012.
  • 木村至 OCTを併用する眼底読影の実際.第13回青森緑内障談話会,青森,Feb 17, 2013
  • 臼井亜由美 当院で経験した黄斑疾患症例①.第3回千葉葛南エリア病診連携セミナー,千葉,Mar 22, 2013
  • 坂西良仁 当院で経験した黄斑疾患症例②.第3回千葉葛南エリア病診連携セミナー,千葉,Mar 22, 2013
  • 伊藤玲 当院におけるルセンティスの治療成績.第3回千葉葛南エリア病診連携セミナー,千葉,Mar 22, 2013
  • 木村至 緑内障の新しい薬物療法と手術療法. 松戸市眼科医会学術講演会,千葉,Jul 25, 2013
  • 木村至 緑内障の新しい薬物治療と手術治療.葛南地区眼科勉強会,千葉,Aug 7, 2013
  • 木村至 OCTを併用する眼底読影の実際.流山市・松戸市眼底読影勉強会,千葉,Aug 29, 2013
  • 伊藤玲 抗VEGF治療の医療連携を目指して.葛南勉強会,千葉,Sep 12, 2013
  • 臼井亜由美 若年者の糖尿病網膜症と糖尿病の管理. 第2回糖尿病眼合併症を真剣に考える会,千葉,Oct 18. 2013.    
  • 木村至OCTを併用する眼底読影の実際. 八千代緑内障眼底読影勉強会,千葉,Oct 16, 2013

学会発表(ポスター、講演)、症例検討会

  • Usui A, Satoh S, Tanaka M, Murakami A, Watanabe S:Function of Transcription Factor Sox11 During Mouse Retinal Development.Association for Research in Vision and Ophthalmology. Fort Lauderdale USA, May 1-5, 2011.
  • 本田美樹,浅井 知浩,米永 憲史,田中 稔,奥 直人:チロシンキナーゼ阻害剤内封ペプチド修飾リポソームによる脈絡膜新生血管抑制. 第115回日本眼科学会.東京,May 12-15, 2011.
  • Nakazawa Y, Kimura I, Watanabe S, Mizota A, Tanaka M: Effect of long-acting carteolol hydrochloride 2% ophthalmic solution on 24-hour variation of intraocular pressure in primary open angle glaucoma patients. World Glaucoma Congress. Paris France, Jun 29-Jul 2, 2011.
  • Tanabe K, Kimura I, Usui A, Tanaka M: The effect of travoprost as initial prostaglandin analogue and after use of latanoprost in Japanese glaucoma patients. World Glaucoma Congress. Paris France, Jun 29-Jul 2, 2011.
  • Watanabe S, Kimura I, Nakazawa Y, Tsutsumi N, Kiyokawa M, Tanaka M: Long term management and outcome of silicone oil induced glaucoma. World Glaucoma Congress. Paris France, Jun 29-Jul 2, 2011.
  • Wakasa R, Kimura I, Matsumoto CS, Matsumoto H, Imamura Y, Sugahara M, Kondo T, Satofuka S, Shinoda K, Mizota A: Focal retinal response and retinal microstructure in a patient with acute zonal occult outer retinopathy. 49th ISCEV Symposium. Quebec City Canada, Sep 18-23, 2011.
  • 臼井亜由美、佐藤伸哉、田中 稔、村上 晶、渡辺すみ子:マウス網膜発生過程における転写因子Sox11の機能解析.第115回日本眼科学会.東京,May 12-15, 2011.
  • 本田 美樹,浅井 知浩,米永 憲史,田中 稔,奥 直人:チロシンキナーゼ阻害剤内封ペプチド修飾リポソームによる脈絡膜新生血管抑制. 第27回日本DDS学会, 東京,Jun 9-10, 2011.
  • 渡邉慧,木村至,臼井亜由美,村上晶:緑内障治療薬以外の併用薬が点眼アドヒアランスに及ぼす影響の検討.第22回日本緑内障学会,秋田,Sep 23-25, 2011.
  • 玉城和範,木村至,今村裕,渡邉慧,中澤有吾,村上晶:強度近視眼の緑内障における中心窩下脈絡膜厚の検討.第22回日本緑内障学会,秋田,Sep 23-25, 2011.
  • 木村至,海平淳一,松倉修司,谷野富彦、杉田美由紀:ラタノプロスト/チモロール配合点眼への切替による眼圧下降効果の検討(中間報告).第22回日本緑内障学会,秋田,Sep 23-25, 2011.
  • 臼井亜由美,木村至,望月祐人,村上晶:点眼日記記載による点眼アドヒアランスへの影響についての長期経過の検討.第22回日本緑内障学会,秋田,Sep 23-25, 2011.
  • 中澤有吾,木村至,望月祐人,渡邉慧,佐久間葉子,村上晶:選択的セロトニン再取り込み阻害剤の中止により眼圧正常化を認めたPosner-Schlossman症候群の1例.第22回日本緑内障学会,秋田,Sep 23-25, 2011.
  • 本田美樹、伊藤玲、村上晶:黄斑浮腫を伴う網膜中心静脈閉塞症に対するpegaptanib sodium硝子体内注入の治療成績.第65回日本臨床眼科学会,東京,Oct 7-10, 2011.
  • Wakasa R, Kimura I, Matsumoto CS, Matsumoto H, Imamura Y, Sugahara M, Kondo T, Satofuka S, Shinoda K, Mizota A:The change of foveal function and the quantitative analysis of retinal thickness in a patient with acute zonal occult outer retinopathy 第59回日本臨床視覚電気生理学会(日韓合同)The 2nd Japan-Korea Joint Symposium of Clinical Electrophysiology, ソウル 韓国,Nov 19-20, 2011.
  • 海老原伸行:眼表面疾患への免疫学的アプローチ(アラーミン分子を中心に). 合同症例検討会,東京,July 28, 2012.
  • 木村至,篠田啓,若狭玲,松本惣一セルソ,今村裕,溝田淳,村上晶:急性帯状潜在性網膜外層症の視機能と層構造の回復過程の検討.第116回日本眼科学会.東京,Apr 5-8, 2012.
  • 木村至,海平淳一,松倉修司,谷野富彦,杉田美由紀, 神奈川・千葉多施設共同緑内障研究グループ:ラタノプロスト/チモロール配合点眼への切替による眼圧下降効果の検討(最終報告).第23回日本緑内障学会,石川(金沢),Sep 28-30, 2012.
  • 坂西良仁,田中稔,溝田淳,村上晶,大沼一彦:ヒト水晶体からの反射光測定による水晶体分光透過率の加齢性変化の考察.第259回千葉眼科集談会,千葉,Mar 11, 2012.
  • 坂西良仁,田中稔,溝田淳,村上晶,大沼一彦:ヒト水晶体からの反射光測定による水晶体分光透過率の加齢性変化の考察.第116回日本眼科学会.東京,Apr 5-8, 2012
  • 臼井亜由美,佐久間俊郎,伊藤玲,木村至,清川正敏:血管新生緑内障を合併する増殖糖尿病網膜症の検討.第259回千葉眼科集談会,千葉,Mar 11, 2012.
  • Usui A, Kimura I, Mochizuki Y, Murakami A:Effect of “Drop Diary” on Patient Adherence to Topical Glaucoma Therapy. Association for Research in Vision and Ophthalmology. Fort Lauderdale USA, May 6-10, 2012.
  • 臼井亜由美,木村至,村上晶:点眼および点眼日記に対する意識とアドヒアランスについての検討.第23回日本緑内障学会,石川(金沢),Sep 28-30, 2012.
  • 臼井亜由美,吉川智子,佐久間俊郎,海老原伸行:急性網膜壊死による網膜剥離に対して硝子体手術を施行し、22年後に再発を認めた1例.第51回日本網膜硝子体学会総会,山梨(甲府),Nov 30-Dec 2, 2012.
  • Wakasa R, Kimura I, Shinoda K, Matsumoto S, Imamura Y, Mizota A, Murakami A:The Recovery Process of Foveal Function and the Quantitative Analysis of Retinal Thickness in Acute Zonal Occult Outer Retinopathy. Association for Research in Vision and Ophthalmology. Fort Lauderdale USA, May 6-10, 2012.
  • Wakasa R, Kimura I, Shinoda K, Imamura Y, Matsumoto S, Seki K, Mizota A, Murakami A:The recovery process analysis of foveal function and quantitative retinal thickness in acute zonal occult outer retinopathy complex. 50th ISCEV Symposium. Valencia Spain, June 4-8, 2012.
  • 若狭玲, 木村至, 篠田啓, 松本惣一セルソ, 今村裕, 溝田淳, 村上晶:AZOOR complexの回復過程における視機能と網膜層構造の検討.第66回日本臨床眼科学会,京都, Oct 25-28, 2012.
  • 中澤有吾,木村至,清川正敏,臼井亜由美,村上晶:増殖糖尿病網膜症を原因疾患とする血管新生緑内障に対する線維柱帯切除術の長期治療成績.第23回日本緑内障学会,石川(金沢),Sep 28-30, 2012.
  • 渡邉 慧,木村至,臼井亜由美,村上晶:緑内障手術経験が点眼アドヒアランスにおよぼす影響の検討.第23回日本緑内障学会,石川(金沢),Sep 28-30, 2012.
  • 眞下圭太郎,佐久間俊郎,井上順治,伊藤玲,葉田野宜子,清川正敏,村上 晶:裂孔原性網膜剥離に対する白内障硝子体同時手術における術後屈折値と予測値との差.第34回日本眼科手術学会総会,愛媛(名古屋),Jan 27-29, 2012.
  • 伊藤陽介,佐久間俊郎,井上順治,伊藤玲,葉田野宜子,清川正敏,村上 晶:裂孔原性網膜剥離の硝子体手術における水晶体処理法による術後成績の比較.第34回日本眼科手術学会総会,愛媛(名古屋),Jan 27-29, 2012.
  • 李亜美,佐久間俊郎,井上順治,伊藤玲,葉田野宜子,清川正敏,村上 晶:網膜剥離に対する強膜バックリング手術と硝子体手術における初回非復位例の検討.第34回日本眼科手術学会総会,愛媛(名古屋),Jan 27-29, 2012.
  • 望月祐人,篠田啓,松本惣一セルソ,木村至,海老原伸行,溝田淳:片眼性周辺部錐体機能不全の疑われた1例.第60回日本臨床視覚電気生理学会,愛媛(名古屋),Oct 5-6, 2012.
  • 田邊和彦,木村至,岡本はる,村上晶,岩田岳:毛様体におけるRab8およびERM familyの発現変化の検討.第23回日本緑内障学会,石川(金沢),Sep 28-30, 2012.
  • Tamaki K, Kimura I, Imamura Y, Watanabe S, Nakazawa Y, Murakami A:Evaluation of the Macular Choroidal Thickness in Highly Myopic Glaucoma Patients. Association for Research in Vision and Ophthalmology. Fort Lauderdale USA, May 6-10, 2012.
  • 玉城和範,木村至,今村裕,渡邉慧,中澤有吾,村上晶:強度近視眼の緑内障におけるperipapillary atrophyと中心窩下脈絡膜厚の検討.第23回日本緑内障学会,石川(金沢),Sep 28-30, 2012.
  • 吉川智子,木村至,中澤有吾,村上晶:術後3年目の低眼圧黄斑症に夜間圧迫眼帯が奏功した1例.第23回日本緑内障学会,石川(金沢),Sep 28-30, 2012.
  • 清水桃子,木村至,渡邉慧,玉城和範,臼井亜由美,村上晶:プロスタグランジン関連薬から塩酸ジピベフリン点眼液への切り替えによる治療成績の検討.第23回日本緑内障学会,石川(金沢),Sep 28-30, 2012.
  • Usui A, Satoh S, Tanaka M, Murakami A, Watanabe S:Function of Transcription Factor Sox11 During Mouse Retinal Development.Association for Research in Vision and Ophthalmology. Fort Lauderdale USA, May 1-5, 2011.
  • 本田 美樹,浅井 知浩,米永 憲史,田中 稔,奥 直人:チロシンキナーゼ阻害剤内封ペプチド修飾リポソームによる脈絡膜新生血管抑制. 第115回日本眼科学会.東京,May 12-15, 2011.
  • Nakazawa Y, Kimura I, Watanabe S, Mizota A, Tanaka M: Effect of long-acting carteolol hydrochloride 2% ophthalmic solution on 24-hour variation of intraocular pressure in primary open angle glaucoma patients. World Glaucoma Congress. Paris France, Jun 29-Jul 2, 2011.
  • Tanabe K, Kimura I, Usui A, Tanaka M: The effect of travoprost as initial prostaglandin analogue and after use of latanoprost in Japanese glaucoma patients. World Glaucoma Congress. Paris France, Jun 29-Jul 2, 2011.
  • Watanabe S, Kimura I, Nakazawa Y, Tsutsumi N, Kiyokawa M, Tanaka M: Long term management and outcome of silicone oil induced glaucoma. World Glaucoma Congress. Paris France, Jun 29-Jul 2, 2011.
  • Wakasa R, Kimura I, Matsumoto CS, Matsumoto H, Imamura Y, Sugahara M, Kondo T, Satofuka S, Shinoda K, Mizota A: Focal retinal response and retinal microstructure in a patient with acute zonal occult outer retinopathy. 49th ISCEV Symposium. Quebec City Canada, Sep 18-23, 2011.
  • 臼井亜由美、佐藤伸哉、田中 稔、村上 晶、渡辺すみ子:マウス網膜発生過程における転写因子Sox11の機能解析.第115回日本眼科学会.東京,May 12-15, 2011.
  • 本田 美樹,浅井 知浩,米永 憲史,田中 稔,奥 直人:チロシンキナーゼ阻害剤内封ペプチド修飾リポソームによる脈絡膜新生血管抑制. 第27回日本DDS学会, 東京,Jun 9-10, 2011.
  • 渡邉慧,木村至,臼井亜由美,村上晶:緑内障治療薬以外の併用薬が点眼アドヒアランスに及ぼす影響の検討.第22回日本緑内障学会,秋田,Sep 23-25, 2011.
  • 玉城和範,木村至,今村裕,渡邉慧,中澤有吾,村上晶:強度近視眼の緑内障における中心窩下脈絡膜厚の検討.第22回日本緑内障学会,秋田,Sep 23-25, 2011.
  • 木村至,海平淳一,松倉修司,谷野富彦、杉田美由紀:ラタノプロスト/チモロール配合点眼への切替による眼圧下降効果の検討(中間報告).第22回日本緑内障学会,秋田,Sep 23-25, 2011.
  • 臼井亜由美,木村至,望月祐人,村上晶:点眼日記記載による点眼アドヒアランスへの影響についての長期経過の検討.第22回日本緑内障学会,秋田,Sep 23-25, 2011.
  • 中澤有吾,木村至,望月祐人,渡邉慧,佐久間葉子,村上晶:選択的セロトニン再取り込み阻害剤の中止により眼圧正常化を認めたPosner-Schlossman症候群の1例.第22回日本緑内障学会,秋田,Sep 23-25, 2011.
  • 本田美樹、伊藤玲、村上晶:黄斑浮腫を伴う網膜中心静脈閉塞症に対するpegaptanib sodium硝子体内注入の治療成績.第65回日本臨床眼科学会,東京,Oct 7-10, 2011.
  • Wakasa R, Kimura I, Matsumoto CS, Matsumoto H, Imamura Y, Sugahara M, Kondo T, Satofuka S, Shinoda K, Mizota A:The change of foveal function and the quantitative analysis of retinal thickness in a patient with acute zonal occult outer retinopathy 第59回日本臨床視覚電気生理学会(日韓合同)The 2nd Japan-Korea Joint Symposium of Clinical Electrophysiology, ソウル 韓国,Nov 19-20, 2011.
  • 臼井亜由美,木村至,清川正敏,佐久間俊郎,伊藤玲,海老原伸行 血管新生緑内障を伴う増殖糖尿病網膜症の治療成績と予後不良因子についての検討.第36回日本眼科手術学会,福岡,Jan 25-27, 2013
  • 清水桃子,清川正敏,伊藤玲,佐久間俊郎,海老原伸行 乳癌の脈絡膜転移に対し、放射線・分子標的薬の併用療法が奏功した1症例.第261回千葉眼科集談会,千葉,Mar 10, 2013
  • 眞下圭太郎,玉城和範,坂西良仁,海老原伸行 血漿交換療法が奏功したアクアポリンチ抗体陰性の視神経脊髄炎の一例.眼科症例検討会,東京,Mar 27, 2013
  • 本田美樹,福田達也,浅井知浩,奥直人,海老原伸行点眼・結膜下注射によるペプチド修飾リポソームの後眼部デリバリーの検討.第117回日本眼科学会,東京,Apr 4-7, 2013.
  • 木村至,座間猛,船山智代,海老原伸行,村上晶他 プロスタサイクリン受容体異常による緑内障発作の検討.第117回日本眼科学会,東京,Apr 4-7, 2013.
  • 臼井亜由美.清川正敏,佐久間俊郎,伊藤玲,海老原伸行牽引性網膜剥離を合併する増殖糖尿病網膜症の手術成績と予後不良因子の検討.第117回日本眼科学会,東京,Apr 4-7, 2013.
  • 伊藤玲,坂西良仁,本田美樹,海老原伸行 滲出性加齢黄斑変性に対するranibizumab硝子体内注射の1年治療成績.第117回日本眼科学会,東京,Apr 4-7, 2013.
  • 坂西良仁,稲垣有司,海老原伸行 小児間欠性外斜視の術前眼位と治療効果について.第117回日本眼科学会,東京,Apr 4-7, 2013.
  • Yoshikawa T, Kimura I, Watanabe S, Usui A, Murakami A, Ebihara N The investigation of influence of glaucoma surgery for instillation adherence.Association for Research in Vision and Ophthalmology. Seattle USA, May 5-10, 2013.
  • Tamaki K, Kimura I, Imamura Y, Nakazawa Y, Watanabe S, Murakami A, Ebihara N :The investigation of correlation between subfoveal choroidal thickness and sensitivity of visual field in highly myopic glaucoma with peripapillary atrophy optic disc    Association for Research in Vision and Ophthalmology. Seattle USA, May 5-10, 2013.
  • Usui A, Kiyokawa M, Sakuma T, Ito R, Ebihara N :Surgical and visual outcome and prognostic factors following vitrectomy in diabetic tractional retinal detachment
  • Usui A, Kiyokawa M, Sakuma T, Ito R, Ebihara N :Association for Research in Vision and Ophthalmology. Seattle USA, May 5-10, 2013.
  • Identification and functional analysis of genes that expressed in late retinal progenitor cells
  • Mochizuki Y, Watanabe S, Mizota A, Ebihara N, Murakami A :Association for Research in Vision and Ophthalmology. Seattle USA, May 5-10, 2013.
  • Wakasa R, Kawano H, Matsuda A, Ushio H, Sakuma T, Murakami A, Ebihara N:Cross-talk Between Retinal Pigment Epithelial Cells and Mast Cells via Secreted Mediators, Especially Mast Cell Tryptase.Association for Research in Vision and Ophthalmology. Seattle USA, May 5-10, 2013.
  • 本田美樹,福田 也,浅井 浩,奥直人,海老原伸行 点眼・結膜下注射によるペプチド修飾リポソームの後眼部デリバリーの検討.第29回日本DDS学会学術集会,京都,jul 4-5, 2013.
  • 玉城和範 当院における成人斜視手術の統計.第69回日本弱視斜視学会総会,広島,Jul 5-7, 2013.
  • Tanabe K, Kimura I, Okamoto H, Zai-Long Chi, Akahori M, Shimozawa N, Ebihara N, Murakami A, Iwata T :Protemic analysis of ciliary body identifies abundant expression of RAB8/ERM,the secretory machinery for aqueous humor production.  World Glaucoma Congress,Vancouver Canada, Jul 17-20, 2013.
  • 玉城和範,臼井亜由美,海老原伸行 眼内増殖性疾患の発症におけるfibrocyteの眼内移行と眼内における線維化への関与について.25年夏眼科合同症例検討会,東京,Aug 3, 2013
  • 伊藤陽介,木村至,玉城和範,渡邉慧,海老原伸行 ドライアイ合併緑内障患者におけるレバミピド点眼液UD2%の有用性の検討(中間報告).第24回日本緑内障学会,東京,Sep 21-23, 2013.
  • 玉城和範,木村至,今村裕,渡邉慧,中澤有吾,海老原伸行 強度近視眼の緑内障における中心窩下脈絡膜厚変化量の検討.第24回日本緑内障学会,東京,Sep 21-23, 2013.
  • 渡邉慧,木村至,中澤有吾,海老原伸 正常眼圧緑内障患者におけるタフルプロスト点眼液による治療成績の検討(中間報告).第24回日本緑内障学会,東京,Sep 21-23, 2013.
  • 中澤有吾,木村至,渡邉慧,海老原伸行チューブシャント手術(Express®)の治療成績と術後合併症の検討.第24回日本緑内障学会,東京,Sep 21-23, 2013.
  • 臼井亜由美,木村 至,海老原伸行 眼圧値と点眼アドヒアランスについての検討.第24回日本緑内障学会,東京,Sep 21-23, 2013.
  • 望月祐人,木村至,渡邉慧,海老原伸行透析中の眼圧上昇と点眼治療による眼圧下降をモニターし得た1症例.第24回日本緑内障学会,東京,Sep 21-23, 2013.
  • 吉川智子,木村至,田邊和彦,渡邉慧,海老原伸行 ブリモニジン酒石酸塩点眼薬の追加および切り替えによる眼圧下降効果の検討.第24回日本緑内障学会,東京,Sep 21-23, 2013.
  • 本田美樹 GALILEO試験   第67回日本臨床眼科学会,東京, Oct 31-Nov3, 2013.
  • 臼井亜由美 小児網膜中心動脈閉塞症の1例 第67回日本臨床眼科学会,東京, Oct 31-Nov3, 2013.
  • 玉城和範 血漿交換療法が奏効した視神経炎 第67回日本臨床眼科学会,東京, Oct 31-Nov3, 2013.
  • 清水桃子 転移性脈絡膜腫瘍に対する治療  第67回日本臨床眼科学会,東京, Oct 31-Nov3, 2013.
  • 佐久間俊郎  ICCの視機能への影響 第67回日本臨床眼科学会,東京, Oct 31-Nov3, 2013.
  • その他   海老原伸行:アレルギー性結膜疾患,ラジオNIKKEI, 2013.